新潟県糸魚川市・富山県氷見市・高岡市 2024年6月6日(木)〜6月8日(土) 2泊3日【82,000円】

北陸三都(糸魚川・氷見・高岡)を巡る、能登半島地震復興支援ツアー

国内有数のズワイカニ水揚げを誇る能生漁港や、新規ビジネスを生み出す海洋高校を訪問。夜はレストランを貸切、旬の食の魅力を探究します。氷見地区震災視察、高岡復興音楽祭参加

【含まれるもの】
・現地交通費
・昼食3回、夕食2回、朝食2回(ドリンクは除く)
・宿泊費(2泊)
・各種体験、施設訪問費用
・コーディネーターアテンド費
・旅行保険料

【含まれないもの】
・現地(糸魚川駅、新高岡駅)までの交通費
・糸魚川駅〜新高岡駅間の新幹線代

【食事回数】昼3回、夜2回、朝2回
【送迎の有無】現地交通は含む

現地実習プログラム概要

【1日目】
富山湾の北端に位置する、新潟県糸魚川市で、海洋資源循環を実践する県立海洋高校を視察したり、日本有数のベニズワイガニ漁獲量を誇る・能生漁港を訪れます。夕食は日本ガストロノミーアワードで特別優秀賞を受賞した「murirミュリール」を貸切。お米のフルコースを味わいます。

【2日目】
糸魚川はブラタモリでも知られる、フォッサマグナの大地。地質学の研究者たちと酒造をめぐり「ドメーヌとはなにか」を考えます。

午後には新幹線で富山県へ移動。最初に氷見市を訪れ、能登半島地震の爪痕を視察します。
また夕食は、メディアなどにも一切でない、隠れ家レストランへ皆さんをご招待します。

【3日目】
高岡の国宝の寺院で坐禅・朝粥を体験します。また寺院を訪れると繊細な匠の技・美術工芸品を目にすることができます。ものづくりの街・高岡ならではのものづくり体験も行います。

午後には、天地人による、能登半島地震復興チャリティライブに参加します。その後、解散となります。

背景

参加者に期待すること

行程

6月6日(木)
8:44 東京駅発(はくたか555号・金沢行)
10:57 糸魚川駅着
11:30 糸魚川わさび園、チョウザメ養殖視察
12:30 ランチ 樹 海鮮
13:30 マリンドリーム能生
   海洋高校、能水商店 視察
   能生漁港、昼せり見学、弁天岩
16:00 フォッサマグナミュージアム見学
17:00 ひすい拾い、移動
18:00 mûrir 夕食

21:00 ホテル國富 翠泉閣チェックイン

6月7日(金)
7:30 朝食
9:00 チェックアウト
9:30 フォッサマグナミュージアム
11:00 フォッサマグナパーク
11:30 渡辺酒造 醸造蔵にて試飲会
昼食
12:30 終了、移動
13:27 糸魚川駅発(はくたか568号・東京行)

14:03 新高岡駅到着
14:15 ホテルニューオータニへ立ち寄り

15:45 ①氷見・伏木地区など被災地視察

18:00 夕食

   ①氷見の隠れ家的 食事処M
    フレンチシェフが作り出す富山湾の旬の魚料理
又は
   ②高岡市金屋町茶寮和香富山県の山海野の旬の食材を使った懐石料理

20:00 お宿へ

6月8日(土)
6:00 坐禅体験(瑞龍寺又は国泰寺)
7:00 朝粥茶事(金屋町小泉家)
9:00 伝統工芸の街高岡 モノづくり体験 
11:30 昼食
   ①砺波市若鶴酒造
    酒蔵見学と食事
   (竈 炭三郎)

   ②砺波市農家レス
    トラン大門
    (大門素麺と伝承 
    料理)

14:00 瑞龍寺 天地人復興支援 LIVE
16:30 終演後新高岡駅

1日目 ホテル國富 翠仙閣(糸魚川市)
2日目 ホテルニューオータニ高岡(高岡市)

現地実習先の講師(ガイド)プロフィール

糸魚川市 小河原学芸員、伊藤

氷見・高岡 開さん

持ち物や服装について


注意事項

お申込み

申し込み期限:2024/05/27
定員および最少催行人数:最小催行人数4名、最大14名
支払い方法:銀行振込、クレジットカード



キャンセルポリシー

旅行開始日の21日前までのキャンセルであれば、原則として取消料はかかりません。 21日を経過した場合、20~8日前までが20%、7~2日前までが30%、前日までが50%、旅行開始後および不連絡の場合は100%の取消料がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA